2020年北陸の花火大会は1箇所だけ開催予定!?

8月イベント

夏といえば花火ですが…。今年はコロナ夏に花火が見れる会場は少ないです(涙)そんな中、北陸で花火大会をするところも少なからずあるので、北陸の花火大会情報2020を紹介します。
また、2020年は中止でもコロナが終息したらぜひ行きたい花火大会も、チェックしておきましょう。

【2020年はコロナの影響で花火大会が軒並み中止に】


2020年はコロナの影響で、休校や休業など生活が一変しましたよね。その影響で花火大会も中止になるところが多く、開催する大会は日程をずらす、打ち上げ時間を短縮するなどの対応をしています。なかには翌年まで花火大会を延期する大会もあり、花火=夏というイメージがなくなりつつあるのかもしれません。

【石川県、富山県、福井県では唯一石川県のみ開催!】


花火大会は全国的に中止になっているところが多く、北陸地方では石川県だけが唯一の開催県です。

寂しいですよね(涙)そして、石川県でもほとんどの花火大会が中止になっています。

川北まつり北國大花火川北大会、和倉温泉夏花火、北國花火など、これらの石川県で開催される花火大会はぜーんぶ中止です(涙)
そして、石川県で唯一の花火大会が、片山津温泉納涼花火まつりです。

【片山津温泉納涼花火まつりの概要】

引用:https://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87286.html

・8月1日~8月31日 21時~10分間

・各日200発

・前年は17万人の人出

・場所 柴山潟湖畔

・有料席はなし

・JR加賀温泉駅からタクシーで10分、または北陸道片山津ICから車で7分の距離

・無料駐車場あり(片山津地区会館付近と湖畔公園付近)

 

片山津温泉では、夏になると「湯のまつり大花火大会」や「うきうき縁日」「源平勝負御輿」などが行われます。

2020年は「湯のまつり大花火大会」と「うきうき縁日」が中止なので、花火を片山津温泉で見れるのは納涼花火まつりだけとなります。

 

納涼花火まつりは、8月いっぱい花火が打ち上がります。時間は10分と短めですが、毎日見れるのが嬉しいですよね。

柴山潟湖から打ち上げられ、宿泊した部屋から花火を眺める、屋形船から眺めるなど、のんびり花火が見れます。

また、オススメスポットは片山津温泉の中心部にある「浮御堂」だとか。間近で大迫力の花火が見れますし、温泉伝説の竜神様と弁財天様が祀られている浮御堂から見るのは片山津温泉ならではです。

 

【来年は期待!北陸でオススメの花火大会】
今年は開催されませんが、北陸には魅力的な花火大会がいっぱいあります。そこで来年は期待できる花火大会をピックアップしました。

〈石川県〉

『北國花火金沢大会』

引用:https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0517e01101/

1万2000発の打ち上げがあり、アクセスも良いので毎年多くの人が集まる花火大会です。打ち上げ会場は県営まめだ簡易グランドで、有料席もあります。

見どころはフィナーレの1000連発の乱れ打ちや、大瀑布です。口コミでは間近で花火が見れるとの声があり、大迫力の花火を楽しめます。

『川北まつり北國大花火川北大会』

引用:https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0517e00674/

北陸最大規模で、人気がある花火大会です。2万発が打ち上げられ、スターマインなど花火師達の腕が光ります。
目玉は20号玉のうちあげで、感動するとの声があります。また、フィナーレは2000発の乱れ打ちと最後まで目が離せません。

〈富山県〉

『北日本新聞納涼花火 高岡会場』

引用:https://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87936.html

昭和27年から続く歴史ある花火大会です。富山県最大級の夏祭りイベントであり、音楽スターマイン、大玉花火、キャラクター花火と一通りの花火が楽しめます。
観客席と打ち上げ場所が近く、視野いっぱいに広がる花火と大きな音で全身で花火を楽しめます。

『ふるさと竜宮まつり 海上花火大会』

引用:https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0516e01049/

滑川本町市のほたるいかミュージアム周辺で開催され、県内最大級の三尺玉が見どころです。地面を覆いつくように花火が落ちてくる様は、大大大迫力間違いなし!
花火だけでなく、よさこいやパレード、露店とボリュームある祭りで夏の思い出ができ、お腹も心も満腹になるでしょう。

〈福井県〉

『とうろう流しと大花火大会』

引用:http://www.turuga.org/places/toronagashi/toronagashi.html

敦賀市の名勝である「気比の松原」の海岸で行われる、とうろう流しと花火の大会です。まずは6000個のとうろうが流れ、その後に花火が打ち上がります。水上で上がるスターマインは、光が水面に映されて幻想的です。とうろうの温かい明かりも美しく、花火ととうろうの二度楽しめます。

『越前市サマーフェスティバル花火大会』

引用:https://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0518e00680/

3日間に渡るサマーフェスティバルのフィナーレに花火が打ち上がります。オープニングを手筒花火で迎え、1万2000発の花火が打ち上がるのはまさしくフィナーレに相応しい花火です。ミュージックスターマインなど、花火が山々に響くので迫力もあります。

2020年の北陸の夏夜空は、非常に寂しいです。それでも片山津温泉で8月中は花火が上がるので、花火を見るチャンスはあります。江戸時代の花火は、悪疫退散などの願いを込めて打ち上げられたので、2020年も花火を見ながらコロナが早く終息するように願いたいですね。