建国記念日はいつから制定された?祝うのは右翼的なの?

2月イベント

どうもこんにちは!

あまてん☆ショッピングの管理人です(^^)v

 

2月11日は「建国記念の日」です。

一般的には「建国記念日」ですが、「の」が入るかどうかで意味が変わってきます。

 

つまり、『建国記念日』と『建国記念の日』では別の意味になるということですw

 

そんな新しい発見が、建国記念日の文字からできます。

「の」の違いを知っておくと鼻高々になれますし、正しい日本語をしゃべるために建国記念の日について見ていきましょう。

 

また、憲法記念日との違いや海外の建国記念日についても解説していきますので、

雑学としても知っておいて損はないでしょう(*^_^*)

 

では今日も宜しくお願いします♪

建国記念日とは?

建国記念日(建国記念の日)は、2月11日です。

※こちらの違いについては後述します※

 

この日は建国をしのび、国を愛する心を養う日とされ、祝日です。

神社ではお祝いがあり、パレードが行われる場合もあります。

 

建国記念日の制定は、明治時代からです。

それまでは建国という概念がなかったと言われます。

 

明治時代に入り、欧米諸国の影響で建国記念日ができました。

それが2月11日で、紀元節と名付けられました。

 

しかし、紀元節があったのは1948年までです。

戦後、GHQ(連合国最高司令官総司令部)は天皇を象徴としたかったため、紀元節が皇室に関わりがある日として廃止されました。

 

それから日本は戦後から回復していき、紀元節を復活させようという動きが現れます。

賛否両論の論争があり、一時は失くなりかけましたが、ついに1967年に建国記念の日ができて祝日になりました。

 

建国記念日と建国記念の日は実は違う?

冒頭でもお伝えしましたが、

建国記念日と建国記念の日は、たかが「の」があるかないかだけですが、意味が変わってきます。

 

 

まず、建国記念日とは文字通り、国ができた紛れもない事実があった日です。

 

アメリカは独立記念日が建国記念日であり、アメリカ独立宣言に署名があります。

こういった、歴史的に紛れもない事実があった時は建国記念日となります。

 

一方で日本の場合、建国記念の日とされているのは神話に関係あるからです。

 

建国記念の日の原型である紀元節は、初代天皇の神武天皇が即位した日と言われるのは2月11日です。

しかし、「言われる」とあるように、神武天皇は実在した人物か分かりません。

 

日本書記では127歳まで生きたとの事ですが、確証がないので建国記念日にできないのです。

だから建国記念の日とされています。

 

微妙に違うニュアンスになるので、是非知っておきましょう!

 

建国記念日は日本だけじゃない!海外の建国記念日

海外の建国記念日では、実際に建国した史実に基づいて記念日が決められています。

 

ドイツ→10月3日 東西統一の日

オーストラリア→オーストラリアライアンディ。1月26日 イギリス人が植民地のためにオーストラリアへ上陸した日

カナダ→カナダデー。7月1日 植民地が終わり、イギリスから自治権を獲得した日

アメリカ→独立記念日で7月4日

ウクライナ→ソビエトが崩壊して独立をした8月24日

アルバニア→イタリア軍から解放された日で11月29日

ブルガリア→オスマン帝国から解放された解放記念日で3月3日

フランス→パリ祭。フランス革命が起きた7月14日

 

このように、海外でも建国記念日はあります。

 

そして、海外では独立した日を建国記念日とする国が多いです。

 

とは言え、フランス革命や東西統一など国によって建国記念日は違います。

何が今の国を作るきっかけになったかという歴史的な事実が、建国記念日の国が多いです。

 

建国記念日と憲法記念日の違いとは?

建国記念日と間違えやすいのが憲法記念日です。

こちらも祝日で、5月3日が憲法記念日です。

 

憲法記念日は1947年に日本国憲法が施行された日です。

公布されたのは11月3日で、こちらは文化の日として祝日です。

 

当時、衆議院では公布日の5月3日を憲法記念日にする考えがありましたが、参議院では11月3日の公布日を憲法記念日にする考えでした。

しかし、参議院は先に憲法記念日を審議していた衆議院を尊重して5月3日を憲法記念日にすると譲りました。

 

建国記念日は右翼的な思想って本当?

右翼とは、保守的な考えをする人達です。

 

天皇家を尊敬し、国粋主義(自国の伝統を大切にする事)です。

 

これと反対なのが左翼です。

 

左翼は自由を愛し、革命で新しい道を進む考えがあります。

右翼と左翼は考え方の違いから対立し、路上などで衝突を起こす事もあります。

 

建国記念日は神武天皇が即位した記念日なので、

右翼寄りか左翼寄りかといったら右翼です。

 

しかし、建国記念の日が賛成か反対かというのは多くの人があまり考えた事がないでしょう。

 

祝日でラッキー!ぐらいしか思わないと思います。

なので、建国記念の日が嬉しいから右翼だとすぐには結びつきません。

 

建国記念の日はたびたび論争になり、賛成派は国の誕生日であり、平和の象徴が天皇なのだから祝うのは当然との声があります。

 

反対派は天皇制を祝う政治の右翼化を心配するとの声があります。

ただ、建国記念日に賛成か反対か考える人は少なくなってきています。

 

建国記念の日は史実に基づくものではないと知るのと、賛成も反対も受け入れて自分はどういう意見を持つのか、自分なりに考えるのが現代では大切ではないかと思います。

そして、建国記念日ではなく「建国記念の日」と「の」をいれるようにしましょうね。

それでは今日はこの辺で(*^_^*)

お相手はあまてん☆ショッピングの管理人でした(^^)v

またお会いしましょう(^^)/~~~