お中元とはいつから始まった風習?挨拶文例文もご紹介

7月イベント

蒸し暑い日が続くと、そろそろお中元のギフトがデパートやショッピングセンターに並びますよね。

そして、お中元っていつから送るの?挨拶文は?そもそも絶対に送らなきゃダメ?など、お中元について疑問を抱く人もいるかと思います。そんなお中元の疑問に答えていきます。

【お中元とはいつから始まった風習?】

 


お中元の起源は中国の中元です。中元は旧暦で7月15日で、この日は地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)という神様の誕生日でした。

この神様は罪を許す役割があり、中元には火を炊いて懺悔していました。

その後、近隣の人々に贈り物をしたと言います。

 

この中元は日本に仏教と共にやってきて、日本のお盆の風習と結び付きます。

お盆には盆礼と言い、子供から親など家族に贈り物を渡す風習がありました。

魚やそうめん、お米などが贈られていたのです。

 

中元はこの盆礼と似ていたからか、室町時代には公家で中元は広まり、江戸時代には庶民にも広まりました。

次第に商人がお得意先に手ぬぐいなどを贈るようになり、お中元は風習として定着していったのでした。

 

【お中元はいつからいつまで?】

 


お中元の起源である中国の中元は、7月15日でした。

日本の現在のお中元も、7月1日~7月15日で7月中旬頃までが一般的です。

ただ、お中元には地域性があり、西日本では8月1日~8月15日頃までの地域もあります。

 

また、7月にお中元が集中するので、6月の半ばから贈り物を送る場合もあります。

先方の地域はお中元がいつなんだろう?と悩んだら、一般的な7月中旬頃までに送れば良しです。

そして、8月15日を過ぎると残暑見舞いとなります。

 

【お中元で書く挨拶文の例文をご紹介】

お中元はビジネス相手に書く場合でも、親戚などの親しい相手に書く場合でも

「季節の挨拶+普段からお世話になってるお礼+お中元を贈る事+〆の挨拶」が挨拶文の構成です。

〈ビジネス相手〉

拝啓 盛夏の候、ますますご清祥の事とお喜び申しあげます。
平素は格段のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。

早速ではございますが、別便にて心ばかりの品物をお送り致しました。
ささやかな品ではございますが、お受け取り頂ければ幸いです。

今後ともお引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

敬具

〈親しい相手へ〉

拝啓 連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

久しくご無沙汰しており、誠に申し訳ありません。

日頃の感謝を伝えたく、◯◯をお贈り致しました。

暑い日が続きますので、どうかお身体を大切にしてください。

ビジネスでも取引先ならばもう少し固い文章になりますし、上司ならば少し柔らかくなります。
また、親しい相手でも文章では礼儀正しく振る舞いましょう。

【お中元でのお礼状の書き方】

お礼状の構成は「挨拶+お中元のお礼+これからもよろしくなどの〆の言葉」の3つです。

ビジネス相手なら固い言葉ですし、親しい間柄ならば礼儀正しく書けば柔らかい言葉でもオッケーです。

〈ビジネス相手〉

拝啓 盛夏の候 皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度は結構なお中元の品を頂き、誠にありがとうございます。

私どもの方こそお世話になってるのに、お気遣いを頂き恐縮に存じます。

暑さ厳しき折、皆様にはくれぐれもご自愛ほど、お祈りしております。

敬具

〈親しい人〉

拝啓 毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

この度は、ゼリーの詰め合わせを頂きまして誠にありがとうございます。

冷やして頂くと、ひんやりして家族一同、大変喜んでおります。

今年も◯◯さんと夏休みに会えるのを楽しみにしております。

日に日に暑さが増しております。くれぐれもご自愛くださいませ。

敬具

親しい相手なら、お中元がどうだったのか感想を入れると相手が喜びます。お中元が届いたらお礼の品を贈る必要はありませんが、お礼状は贈るようにしましょうね。

【お中元を絶対送らないとダメ?】


お中元は絶対に送らなきゃいけないものではありません。

お中元は送らない、またはお中元は不要と考えている人は多いです。

ただ、感謝を伝えるツールと考えている人もいて、送った方が丁寧です。

 

また、お中元は送らなくてお歳暮だけ送るのも良しです。

お中元を送ろうか迷ったら、会社の上司や同僚、家族など身近な人に相談すると良いでしょう。

 

【お中元についてまとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回の記事の要点やポイントをまとめますと下記のようになります!

・お中元は中国の文化で、元々は神様へ罪を許してもらうものだった

 

・日本では、江戸時代には庶民の間でもお中元は行われた

・お中元は7月1日~15日までが一般的で、地域によっては8月に送る

・お中元の挨拶文や礼状はビジネスなら固く、親しい間柄でも礼儀正しく

・お中元は絶対に送らなきゃいけない訳じゃないけど送った方が丁寧

お中元は絶対に送らなきゃダメではありませんが、昔から日本にある風習です。

もし送るなら、礼儀を重んじる日本人らしく挨拶文を書いて送りましょうね。

そして、お中元をもらったらお礼状は忘れずに書きましょう。