梅雨明けはいつ?雨は降らない地域があるって本当?

6月イベント

梅雨はスッキリしない天気が続き、ジメジメした気候でイヤな季節ですよね。早く梅雨明けして欲しい!と思う人は多いですよね。そこで、梅雨明けの時期を予想していきます。また、梅雨は毎年来るけどそもそも何?梅雨に雨が降らないのはあり得る?など、梅雨の雑学についても紹介します。

梅雨とはそもそも何?

 


梅雨に関係あるのが梅雨前線ですが、梅雨前線ができるメカニズムは気象学でかなり難しいです。なので分かりやすく説明すると、暖かい空気と冷たい空気が押し合ってるから雨が降ると説明できます。

冬から春にかけて、冷たいオホーツク高気圧が北に陣を張ります。そして南には暖かい太平洋高気圧が陣を張ります。この2つの勢力は同じだけども、性格が違う気圧です。そのため、ぶつかり合うと前線ができ、梅雨前線ができるのです。前線では含みきれない水蒸気ができ、それが雨を降らせます。それが梅雨です。

梅雨は北海道と小笠原諸島を除き、中国や台湾など東アジアで起こります。中国では梅の実る時期に雨が降るため、梅雨と呼ばれるようになりました。

梅雨入りや梅雨明けの予想は誰がしている?

 


梅雨入りや梅雨明けを予想して発表するのは
気象庁です。気象庁は国土交通相が管理し、地震や火山活動、桜の開花情報なども行っています。

梅雨入りを予想するのは気象予報士では?と思う人も多いのですが、気象庁と気象予報士は少し違います。気象予報士は気象庁の職員ではなく、民間のテレビ局の職員だったり、気象予報会社の職員です。

また、気象庁の中には予報官と呼ばれる職員がいますが、気象庁全ての職員が気象予報士ではありません。

なので、梅雨入りや梅雨明けの予報は気象庁が行い、気象予報士ではないと言えます。

梅雨明けの地域毎の予想!

 


〈関西〉
気象庁の過去の梅雨入り・梅雨明け情報を確認すると、平年だと7月21日ぐらいが梅雨明けです。1951年からの過去のデータでは7月後半に梅雨明けした年が多く、次に多いのが7月初旬です。また、2003年だけ8月1日に梅雨明けしています。

そのため、7月終盤に梅雨明けする可能性が高いです。

〈関東〉
関東も同じく、1951年からのデータをもとにすると平年だと梅雨明けは7月21日頃が梅雨明けです。7月終盤で梅雨明けした年が圧倒的に多く、たまに7月初盤で梅雨明けする年があります。また、8月初盤に梅雨明けした年は過去に2回ありました。さらに、2018年は6月29日に梅雨明けしていますが、例年は7月終盤です。

〈四国〉
四国の梅雨明けは関西と関東より早く、7月18日頃です。少し早く梅雨入りするため、梅雨明けも少し早めです。1951年からの気象庁のデータだと、7月中盤~終盤に梅雨明けしていて、6月や8月に梅雨明けした年はありません。なので、四国の梅雨明けは7月中盤~終盤にかけてと予想できます。

〈九州〉
九州は7月19日頃が梅雨明けで、四国と変わりなしです。1954年は8月1日に梅雨明けしましたが、それ以外の年は7月中盤~終盤に梅雨明けしています。また、7月初盤に梅雨明けした年もあり、もしかしたら7月初盤に梅雨明けするかもしれません。

〈沖縄〉
沖縄の梅雨明けは6月23日が平年です。7月に梅雨明けした年も何回かありますが、だいたい6月中盤~終盤です。本州よりも早いGWが終わる頃に梅雨が来て、6月中に梅雨明けするのが例年です。

〈北海道〉
北海道には梅雨がありません。北海道は本州と気候が違い、梅雨前線は北海道に来る前に弱くなってしまうからです。なので、梅雨入り・梅雨明け発表はありません。

しかし、まれに梅雨前線が活発化したまま北上し、北海道の南部で梅雨がある年もあります。この場合、梅雨入りは7月終盤で本州が梅雨明けする頃です。

また、梅雨ではない蝦夷梅雨と呼ばれる雨が続く日もあり、夏前に降水量が増える年もあります。

梅雨の時期に雨が降らない地域がある?

 


梅雨の時期に雨が降らない地域は、日本全国であります。過去に梅雨入りはしたものの、関西を中心に雨が降らない日が続いた年がありました。

また、沖縄は梅雨入りしても晴天が続く日があり、晴天かと思ったら雨が振りだす時もあります。なので、梅雨入りしても日照時間が本州よりも多いです。

そしてすでに書いたように、小笠原諸島と北海道では梅雨がありません。梅雨前線は小笠原諸島よりも北で発生するからです。

つまり、梅雨は雨が降るけども、雨が降らなくてもおかしくないと言えます。

梅雨明けはいつ?まとめ

 


・梅雨は暖かい気圧と冷たい気圧が押し合いになって起こる現象

・関西と関東の梅雨明けは7月終盤、四国と九州は7月中盤、沖縄は6月終盤が梅雨明け

・北海道は梅雨がないけど夏前に降水量は増える場合があり

・梅雨入りしても雨が降らない年がある

早くジメジメした梅雨が明けて欲しい!と思ったら、ぜひ梅雨明け予想を参考にしてくださいね。また、たまに雨が降らない日があるかもしれないので、その日があれば息抜きしましょう。