ひな祭りの食事にはどんな意味が込められている?

3月イベント

どうもこんにちは!

あまてん☆ショッピングの管理人です(^^♪

 

ひな祭りは女の子の成長を願う行事で、お祝い事には特別なメニューが欠かせませんよね。

家族揃ってお祝いをし、楽しい時間を過ごしたいものです。

 

そんなひな祭りにはどんな献立、メニューを作って食べれば良いかなとなったら、ぜひ参考にしてください。

ひな祭りの食事は何のメニューを食べる?

日本では行事があると、決まって食べる食事がありますよね。

ひな祭りは日本の行事の1つなので、食べるべき料理はあります。

 

一般的に食べるべきだと言われているのが、ちらし寿司、蛤のお吸い物、菱餅、あられ、白酒の5つです。

それぞれどのような意味が込められているかを見ていきましょう!

 

ひな祭りといえばちらし寿司!

寿司は「寿を司る」とあるように、めでたい席に欠かせない料理です。

 

誕生日やお正月など、特別な日には必ず食べますよね。

ひな祭りは女の子の成長を願う日なので、寿司は欠かせません。

 

ちらし寿司の上にちらす具材は、腰が曲がるぐらい長生きする海老、将来の見通しが良い蓮根、まめ(豆)に働くエンドウ豆などがあり、縁起良しです。

 

さらに春らしく、錦糸卵や桜でんぶなどを散らせば見た目が華やかです。

蛤のお吸い物

旧暦の3月は暖かくなった季節で、磯遊びができる季節でした。

そのため、ひな祭りでは貝料理が出されます。

 

特に二枚貝である蛤は、個体ごとに対になった2枚がピッタリと合います。

それが夫婦を表し、女の子が一生を一人の旦那様と添い遂げるという意味から蛤のお吸い物をひな祭りに食べます。

 

ひな祭りの雛人形は結婚式の様子を表す事からも、女の子にとって結婚は超重大だったのが分かりますよね。

お椀に盛る時は、夫婦にみえるように1つの蛤に2つの身を乗せます。

菱餅・あられ

菱餅は雛人形の飾りにもある、ひな祭りの代表的なお菓子です。

緑、白、ピンクと鮮やかな色が女の子らしいのですが、色には意味があります。

 

緑はよもぎ餅で、よもぎには厄除けの意味がありました。

また、白は純白、ピンクはくちなしの実が混ざり、解毒効果があったので厄除けの意味があります。

 

また、菱餅の白い雪の下や中に緑の新芽が息吹き、ピンクの桃の花が咲く様子を表す意味もあり、春の訪れにピッタリです。

 

そして、菱餅を外で食べやすくしたのが、あられです。

昔は雛人形を持って海や山へ外出する「国見せ」という習わしがあり、菱餅は砕いて砂糖と絡め、あられにしました。

 

白酒

江戸時代より前は邪気を払う桃の花を浸した「桃花酒」を飲んでいましたが、江戸時代では甘くて庶民にも馴染みやすい白酒を飲むようになりました。

白酒はみりんや麹を使ったアルコールで、甘くても子供には禁止です。

 

ひな祭りの食事をケータリングする場合

ケータリングは準備も後片付けもいらず、デリバリーよりも豪華な食事が食べれますよね。

 

ひな祭りでケータリングを利用した場合、

ちらし寿司などのひな祭りらしい料理の他にも、カニの天ぷらなど豪華な料理が食べれます。

 

少しづつ色んな料理が準備なしで楽しめますし、大人数での食事でも難なくこなせますし、ひな祭りにケータリングを利用した口コミによるとかなりハイクオリティだったとか。

見た目も味も大満足なので、ひな祭りに奮発してケータリングを利用するのも良いですね。

 

ひな祭りの食事~子供向け~

子供には可愛い食事にしてあげるのがお勧めです。

例えば、寿司ならば手まり寿司にすれは食べやすい上に見た目がキュートです。

 

また、おにぎりをお内裏様とお雛様にしてキャラ弁っぽくしたり、人参を花の形にくり貫いてちらし寿司に乗せるのも可愛らしいでしょう。

 

ちなみに、我が家では牛乳パックの四角を利用して青のりご飯、白ごはん、桜でんぶご飯を重ね、菱餅風にしました。

 

牛乳パックを半分に切り、底がない方の半分に色ごとに分けたご飯を乗せていくだけです。

最後に牛乳パックを抜けば、菱餅風ご飯の完成です。

 

そして、子供は白酒を飲めないので甘酒を用意してあげれば良いでしょう。

 

ひな祭りの食事~高齢者向け~

年齢や介護状況状況にもよりますが、高齢者の食事には飲み込みにくい菱餅は避けるべきです。

食べれるなら、菱餅の代わりにあられにしましょう。

 

また、具材を細かく刻む、一口サイズに切るなど、食べやすい大きさにしたり、お粥にするなど噛みやすくて飲み込みやすい形に変えると安心です。

 

そして、食べる前に唾液が良くでるように口腔体操をする(舌を出す、口を膨らませてつぼませるなど)と、事故が起こりにくいです。

 

ひな祭りの食事にはどんな意味が込められている?

ひな祭りのちらし寿司には海老や豆(エンドウ豆)などがあり、それぞれに意味があります。

また、厄除けや魔除けの桃を利用するなど、親が子供を守る意味もあります。

 

さらにあられはでんぷんが多くて健康に良いため、親は子供が健やかに育つのを願っていましたし、蛤から良縁に恵まれるようにとの願いもあります。

 

このように、ひな祭りの食事には親の願いがたっぷりと詰まっています。

可愛い我が子が健康に、幸せに成長しますようにとの願いが伝わるのが、ひな祭りの食事なのです。

 

今回の記事がお役に立ちましたら幸いです^^

 

それでは今日はこの辺で(*^_^*)

お相手はあまてん☆ショッピングの管理人でした(^^)v

またお会いしましょう(^^)/~~~