11月12日はコラーゲンペプチドの日!おすすめの商品を紹介!

11月イベント

女性なら、誰でも「コラーゲン」という言葉を聞いた事があるでしょう。コラーゲンペプチドはコラーゲンよりもサイズが小さく、吸収されやすい成分です。そんな女性に嬉しいコラーゲンペプチドは記念日があるので、コラーゲンペプチドの日とお勧め商品について調べました。

【コラーゲンペプチドの日が制定されたのはなぜ?】


コラーゲンペプチドの日が制定されたのは、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が「コラーゲンペプチドシンポジウム」を2009年11月12日に開催したからです。これが第一回目のシンポジウムだったので、記念して11月12日をコラーゲンペプチドの日としました。
また、「11・12=いいひふ」となり、良い皮膚の語呂合わせにもなっています。

そして、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合は、ゼラチンやコラーゲンを製造する会社の集まりです。世の中にゼラチンやコラーゲンを広めるために設立されました。コラーゲンは体に良いものなので、記念日を作って世の中に広めようという事なのです。

【コラーゲンペプチドとは一体何?】

引用:「森永製菓 コラーゲン研究所」https://morinaga-collagenlab.com/about/

コラーゲンは、人間や動物なら誰にでも体内にある成分の1つです。細胞と細胞を繋ぐ役割があり、コラーゲンがなければ細胞は上手く働きません。
しかし、体内のコラーゲンは20代から加齢と共に減っていきます。コラーゲンが減ると髪や爪、肌などが弱くなってダメージを受けやすくなります。

そして、コラーゲンペプチドは酵素で細かくされた低分子コラーゲンです。細かいので水に溶けやすいメリットがあり、吸収されやすいのが特徴です。そして、そのメリットを生かして食料品やサプリなど口からの摂取に利用されます。

【コラーゲンペプチドが美容に必要な理由とは?】


コラーゲンペプチドが美容に必要なのは、肌の潤いやハリをキープするからです。コラーゲンが不足すると肌の保湿力が失われてシワやたるみに繋がります。また、シミもできやすくなり、加齢肌にもなりえます。

さらに、コラーゲンペプチドは髪や爪の美容にも必要です。コラーゲンが少なくなると髪はコシやハリがなくなりますし、爪は乾燥してひび割れなどにも繋がります。

コラーゲンは細胞と細胞を繋ぐ働きがあるので、減ってしまうと細胞が働かない=健康度が下がるとなってしまうのです。だからこそ、吸収しやすいコラーゲンペプチドでコラーゲンを補っていきたいですよね。

【コラーゲンペプチド配合のお勧めの商品をピックアップ!】

<美チョコラコラーゲン>

タブレット状のサプリで、3粒あたりのコラーゲンペプチドは600mgです。

コラーゲンペプチド以外にもナイアシンやビタミン類が配合されていて、美容を気にする女性のためにあるような商品です。

口コミでは、肌が元気になった、主人から肌がきれいになったと言われたなど嬉しい声が上がっています。

 

<DHC コラーゲン 徳用90日分>

1日6粒でコラーゲンペプチドが2050mgも摂取できるサプリです。また、ビタミンB類も配合しています。
厳しい管理基準をクリアした国内工場で作られたサプリであり、安心感があるのもさすがDHCですよね。

口コミをまとめると、関節や肌、髪、爪などが元気になったとの事です。リーズナブルなサプリですし、お財布に優しいのも嬉しいです。

<AGE-SHUT 美のダイヤモンドゼリー>

創業100年以上を誇る日本新薬の美容ゼリーです。低分子コラーゲンを1本のゼリーに1000mg配合し、低分子ヒアルロン酸、ビオチン、マンゴスチンポリフェノールなども含まれています。

ゼリーの味はライチの味に似ているマンゴスチン風味で、口コミでは甘酸っぱいとの声があります。

甘くても砂糖は不使用で、1本あたり5.4キロカロリーです。おやつ替わりに食べれてローカロリーなので、健康にも良しです。

口コミでは、昔の肌を取り戻した気がする、肌ダメージが減ったなどの声があります。

【コラーゲンペプチドまとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回の記事の要点やポイントをまとめますと下記のようになります!

・コラーゲンペプチドの日は、、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が「コラーゲンペプチド シンポジウム」を11月22日に開催したから制定された。

・コラーゲンより小さくて吸収されやすいのがコラーゲンペプチド

・コラーゲンは細胞を繋ぎ、細胞の働きを促す役割がある

・コラーゲンがないと肌や髪、爪などがダメージを受ける

・美チョコラコラーゲン、DHCコラーゲン、AGE-SHUT 美のダイヤモンドゼリーが@コスメやAmazonで人気のコラーゲンペプチド商品

商品やサプリではコラーゲンペプチドと商品名にない場合がありますが、原材料を見るとコラーゲンペプチドと書いてある商品もあります。

また、セラミドなど他の成分が主成分でもコラーゲンペプチドが含まれている場合もあります。

そのため、コラーゲンペプチドが含まれる商品を探す時は、原材料も見ると商品が見つけやすいです。

 

加齢は誰にだってやってきます。しかし、それでも若々しくいるか、老けて見えるかは努力次第で変えれます。

コラーゲンペプチドを摂取して、若々しさに一歩近づければ良いですね。