中性脂肪の日はいつ?ダイエットをスタートするならこの日!

10月イベント

中性脂肪と聞くと、ドキリとする人は多いですよね。そんなドキリとする日が、10月にはあります。

どんな日なのか、中性脂肪と聞いてドキッとした人は確認しておきましょう。

 

【10月第3土曜日は中性脂肪の日!】


中性脂肪の日は、中性脂肪に対する知識を付けて健康を考える日です。

中性脂肪と聞くと何となく悪いイメージがありますし、減らした方が良いのは想像できますよね。しかし、具体的に中性脂肪とは何か、どのぐらい減らすのか、どうやって減らすのかなど詳しく語れる人はあまりいません。

そこで、中性脂肪について詳しく知って健康を考えるきっかけにするのが中性脂肪の日なのです。

 

そして中性脂肪の日が10月なのは、10月が中性脂肪が一番高い時期との研究結果があるからです。

食欲の秋で食べ過ぎてしまうという事でしょうか。中性脂肪が一番高い=最も注意が必要な時期です。

 

そして、10月は体育の日や体力つくり強調月間(スポーツ庁・スポーツで楽しさや体力作りをする)、健康強調月間(健康保険組合連合会・生活習慣病について考える)、薬と健康の週間(厚生労働省・薬を正しく使う)など健康に対する意識を高める月に指定されています。

中性脂肪も健康の1つなので、10月に取り込めたのです。

 

また、中性脂肪は金曜日に低くて月曜日に高いとの研究結果もあります。これは週末の食生活が中性脂肪を高くしていると考えられます。そのため、土曜日に中性脂肪について考えて週末の食生活を見直すきっかけになればとの思いで土曜日を中性脂肪の日としました。

【中性脂肪の日とは一体何をする日なの?】


中性脂肪の日は、中性脂肪について詳しく知る日です。そのため、一般社団法人「中性脂肪学会」では2019年にシンポジウムを開きました。学会なので研究者による研究者のための講演もあれば、専門家による一般的な人々への講演もあります。

基礎的な事からかなり踏み込んだ専門分野まで中性脂肪について勉強できます。

 

大学の教授や病院長など様々な専門家が集まるシンポジウムなので、その道の人には外せないシンポジウムです。

【中性脂肪がもたらす人体への悪影響とは?】


中性脂肪のもとは、食事中の脂肪です。体内に入ると肝臓に取り込まれ、そこで中性脂肪が作られます。

中性脂肪は血液にのって体内を移動し、エネルギーとして使われる大切な栄養源なのです。そのため、全く中性脂肪がないと疲れやすい、免疫力が低いなどの悪い影響があります。

 

しかし、エネルギーで使われない中性脂肪は体内で蓄えられます。血中や肝臓、皮下脂肪に蓄えられ過ぎてしまうと、それらの働きを邪魔してしまうのです。

血中に中性脂肪があり過ぎれば動脈硬化、皮下脂肪なら肥満、肝臓なら脂肪肝となります。

また、糖や脂質の代謝が上手くいかない、善玉菌コレステロールの減少なども引き起こし、体全体にリスクが高まってしまいます。

 

高血圧症、糖尿病、脳梗塞など様々なリスクが高まるので、中性脂肪は高すぎてはいけないのです。しかし低すぎてもいけないので、ちょうど良いバランスが必要です。

【中性脂肪を落とすおすすめサプリメント3選】

 

〈さよなら中性生活プレミアムex〉

楽天のマルチ脂肪酸部門で1位のサプリです。人気の秘密は、高濃度で国産の高品質サプリだからです。DHA・EPAが520mgも配合していて、酸化を防ぐ工夫もありです。

サプリにはナットウキナーゼ、サラシア、クリルオイル、ビタミンEも配合していて、健康を後押ししてくれます。

口コミでは匂いがなくて飲みやすいとの声が多く、続けやすいサプリです。

〈イマークS〉

ドリンクタイプのトクホのサプリで、おいしいとの口コミがあります。

EPA600mg、DHA260mgと高配合ですし、トクホなので安心感もありますよね。イマークSはヨーグルト味で飲みやすく、サプリが苦手な人にもお勧めです。ドリンクと言えどもカロリーは1本26キロカロリーでヘルシーです。

〈スーパーフィッシュオイル〉

サプリメントタイ大国であるアメリカのサプリです。EPA162mg、DHA108mgが含まれていて、日本人に合わせた内容量となっています。

 

スーパーフィッシュオイルのメリットは、1日1粒が摂取目安量という点です。90粒入りなので長持ちし、まずは中性脂肪を考える生活を初めてみたいという人にお勧めです。
香料、着色料、保存料は使われていないので、こちらも安心して摂取できるサプリです。

【中性脂肪の日まとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回の記事の要点やポイントをまとめますと下記のようになります!

・中性脂肪の日は中性脂肪の知識を深めて健康を考える日

・10月は中性脂肪が高い傾向があり、週末の食生活を見直すために土曜日に中性脂肪の日にした

・中性脂肪の日にはシンポジウムが行われる

・中性脂肪は高すぎると様々な怖い病気リスクが上がるが、低すぎてもダメ

中性脂肪は体に良い働きをしますが、高すぎると怖い病気のリスクが高まります。

食欲の秋、10月はつい食べ過ぎてしまいがちですが、健康のためにブレーキを踏むのが大切です。そして中性脂肪の日は、ダイエットのきっかけになれば幸いです。