コロナウイルス対策は万全?薬局で買える商品を知っておこう!

管理人オススメ商品

どんなに気を付けていたとしても、日常生活でコロナウィルスに感染する可能性は決して0%にはなりませんよね。

マスク、手洗いうがい、免疫力を付けるなど、コロナウィルスに打ち勝つためにできる事を少しづつしたいのなら、薬局で買える商品で少しづつ対策していきましょう。

【コロナウイルス感染対策その1~消毒用アルコール編~】


消毒用アルコールは一時期は品薄となり、日本中の薬局やスーパーで見かけなくなりました。

しかし、最近では少しづつ店頭に並ぶようになり、並ばなくても購入できる店が多いです。

 

アルコール消毒は手や指の消毒でよく利用されますが、汚れた手にアルコール消毒をすると汚れを広げてしまいます。

そのため、水と石鹸で手を洗って、よく水気を拭き取ってから使うようにしましょう。ウィルスは粘膜から進入するけども、健康な皮膚からは進入できずに表面に付くだけです。

なので、手洗いとアルコール消毒で手の表面についたウィルスを殺菌すれば、体に入りにくくなります。

 

ただ、アルコール消毒がコロナウィルスの脂質の膜を壊すとも言われているため、手洗いができない場所ならアルコール消毒だけでもするのがベターです。

また、コロナウィルスには濃度が70%以上のアルコール消毒が良いとも言われます。

これからアルコール消毒を購入するなら、アルコール濃度が70%かチェックするのも忘れずに。

 

ただし、アルコール消毒はノロウイルスやロタウィルスには弱いというデメリットもあります。

万能ではないので、これでいつ何があっても大丈夫!と安心しないようにしましょうね。

 

【コロナウイルス感染対策その2~次亜塩素酸ナトリウム編~】


次亜塩素ナトリウムはハイターを薄めたもので、食器や手すり、ドアノブなど物に対して利用します。

コロナウィルスは飛沫感染だけでなく、接触感染もあります。

接触感染は感染者が咳やくしゃみをした手で触った場所を別の人が触り、その手で口や鼻を触って感染する事です。

なので、次亜塩素ナトリウムで消毒すれば、接触感染のリスクを減らせる可能性があります。

 

ただし、ハイターと聞けば何となく分かるかと思いますが、人体に噴射はダメです。

また、次亜塩素ナトリウムはアルカリ性なので、酸性のものと一緒に使うと危険です。必ず単体で利用しましょう。

 

ちなみに、名前が似ている次亜塩素酸水は、塩化ナトリウム水溶水を電気分解して作ります。

物の除菌として利用するのは同じですが、同じものではありません。

 

【コロナウイルス感染対策その3~イソジン編~】


イソジンはうがいをする時に、口の中にいるウィルスを殺菌します。

食中毒やインフルエンザにも良しで、粘膜から進入するウィルスの対策になります。

 

しかも「使い過ぎると、ウィルスに耐性が付いてしまうのでは?」と心配になる必要もありません。

イソジンはウィルスを直接やっつけるため、耐性が付いたウィルスもやっつけてくれます。

イソジンでうがいするためには、正しい濃度にイソジンを薄めます。

そして口の中でくちゅくちゅうがいをし、その後は2回のガラガラうがいをするのがイソジンの力を最も高めます。

 

【コロナウイルス感染対策その4~ビタミンC編~】


医療現場ではビタミンC点滴でコロナウィルスの症状が回復したとの情報があり、ビタミンC点滴の臨床実験をするなど、ビタミンC点滴は世界中で前向きに考えています。

そもそもビタミンCは、抗ウィルス剤として長く研究されてきた歴史があり、肺炎の治療研究でたびたび登場してきました。

また、ビタミンCはウィルスに抵抗する、免疫力を付けるなど、ビタミンCの評判は上々です。

ただし、ビタミンCの過剰接種は腎結石を引き起こすリスクがあります。サプリメントで接触するなら、適量を守りましょう。

 

【コロナウイルス感染対策その5~乳酸菌編~】


乳酸菌も、積極的に接種すると風邪やインフルエンザになりにくいと言われています。

ただ、コロナウィルスに打ち勝つと明確には言えません。

また、乳酸菌にも種類があり、菌株なども違うため、それぞれの働きなども微妙に違います。

 

とは言え、乳酸菌は健康に良く、乳酸菌製品はたくさんありますよね。

そのため、サプリメントで乳酸菌を取るのはあながち間違いではありません。

腸内環境は加齢や食生活で崩れやすいですし、乳酸菌生活は今よりパワーアップした自分になりそうですよね。

 

ただ、乳酸菌は口にすればすぐに腸に定着する訳ではなく、取り続けるのが大切と言います。

食べ続けると腸内環境が整いやすくなるため、コロナウィルスのためだけでなく、日々の健康のために口にするのがベストです。

 

薬局で購入できるコロナウィルス対策について見てきました。

どれも消毒や除菌、健康に良いものですが、全てが必ずコロナウィルスに打ち勝てるものとは言えません。

コロナウィルスに感染するリスクを少しでも減らせるかもと考えて、取り入れていきましょう。

そして、手洗い・うがいを忘れないようにしましょうね。

それでは今日はこの辺で(*^_^*)

お相手はあまてん☆ショッピングの管理人でした(^^)v

またお会いしましょう(^^)/~~~