9月入学式の話題はいったい何だったのか?解説します。

9月イベント

新型コロナウイルスが大流行をし始めた時、自粛で学校が休校になるのが問題になりましたよね。

学習が年度内に終わるのかと誰もが心配になり、これを機会に9月入学式にシフトチェンジしていくかもと話題になりました。しかし、結局はちらりと話題になっただけで9月入学式はお蔵入りになってしまいました。

そんな9月入学式が一体なんだったのか掘り下げてみましょう。

 

【新型コロナウイルスの影響で4月入学式が困難に?】


新型コロナウイルスが初めて日本で感染者を出したと確認できたのは、2020年1月です。

中国の武漢から帰国した人が感染しました。それから約1か月後、全国小中高校の臨時休校が始まります。

年度末だった学校では、終業式を早める、春休み中も臨時登校する、テストなしで成績を付けなければいけないなどの前例にない対応に追われました。

大慌てで年度が幕を閉じ、新学期が始まったのに緊急事態宣言が発令されました。

4月7日に感染が広まっている都道府県、4月16日に全国で緊急事態宣言が発令されて、学校は臨時休校になります。

緊急事態宣言は5月末に全国で解除されましたが、6月は分散登校などで例年通りの学校再開にはなりません。

休校だった分だけ学習が追い付かず、年度内に全ての勉強を押し込むのが大変なのは目に見えています。

そんな状況の中、例年通りの4月入学式が困難なのは目に見えていて、9月入学式の話題が急浮上したのです。

 

【9月入学式の導入を検討する動きに発展!】


実は明治時代、大学は9月入学でした。しかし小中高校は4月入学が望ましいとされてきました。

これは、経理の新しい年度が4月になったからです。そして、次第に大学も4月入学式にとなっていきました。

 

そして時代は過ぎ、9月入学式の導入を検討するようになります。

ただ、コロナで初めて9月入学式が話題になった訳ではなく、30年以上前の中曽根総理大臣の頃から議論されてきました。安倍政権になると9月入学式が選挙の公約になるなど、9月入学式は密かに着目されます。そして、世間でも9月入学式に対し、賛成の声が見え始めていました。

そんな中、コロナで一斉休校になった時に9月入学式に前向きな議員たちから、これを機会に改革をするのに積極的になります。

年度始めの時期が変わるのは、一斉休校でもない限りなかなか動かない案件なので、これをチャンスにしようとしたのです。安部首相も9月入学式に前向きになり、世間もそれに賛成する人が多くなります。

しかし、9月入学式に絶好の追い風でしたが具体的に議論を進めていくと問題が山積みなのが分かります。

コロナで学校に行けないのだから入学式を遅らせる事になり、9月入学をする児童が増えてしまえば教室や先生の確保をどうするのか、卒業から入学までの長い間は児童がどうするのかなどです。

 

こういった問題から、9月入学式論は失速します。安部首相も慎重に議論しなければいけないと考え、9月入学式はボツになりました。

 

【9月入学式のメリット】


9月入学式のメリットが、学校の時期を海外の基準に合わせられる事です。

アメリカ、フランス、イギリスなどの国では9月入学式なので、4月入学式の日本に留学や就職をすると年度始まりまで期間が空いてしまいます。

日本人が海外に留学するのも同じく、春休みから夏休みの間まで海外の学校が始まりません。
9月入学式にすれば、この何もしない期間をなくせるのがメリットです。

 

また、コロナ時期に限って言えば、休校だったのを白紙にできるのもメリットです。限られた時間に学習を押し込まず、例年通りの授業数を確保できます。

 

【9月入学式のデメリット】


9月入学式がボツになった理由が、移行するのに負担がかかるからです。

4月から9月に遅らせると、その年の1年生が増えてしまいます。それにより、教室の確保や先生の確保が難しくなります。

また、保育園や幼稚園を卒業した児童が9月の入学式までの間、どうするのかも問題です。

共働き家庭だと子供をどこで預かるかが問題ですし、大学や専門学校を卒業して就職する子が入社式までどう働くのかも問題です。

移行する時の負担が大きいのが、9月入学式のデメリットです。移行が落ち付けばデメリットはありません。

【9月入学式の話題まとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回の記事の要点やポイントをまとめますと下記のようになります!

・コロナ休校で学習時間の確保が難しくなった

・ずっと前から9月入学式の話題はあり、コロナで今こそはと加速した

・9月入学式にすれば世界基準になり、留学生を受け入れやすい、日本人が留学しやすい

・移行時の負担が大きいのが9月入学式のデメリットで、それが原因でコロナ期の9月入学式がボツになった

9月入学式はメリットもありますが、そのためには重い腰を上げなければいけないのがデメリットです。

また、現場の整備と国民の理解が欠かせません。前代未聞のコロナでも9月入学式を動かせなかったので、9月入学式のハードルは高いです。しばらくは4月入学式のままでしょう。