敬老の日はいつ?何をする日なのか解説します!日本と海外の違いも!

9月イベント

9月の第三月曜日は敬老の日です。祝日で、祖父母にお祝いや感謝を伝える日なのですが、具体的にどんな事をすれば良いのか、プレゼントやメッセージでは何を贈れば良いのか、具体的に見ていきましょう。

【敬老の日とは?何をする日?】


敬老の日は9月の祝日で、第三月曜日です。社会に貢献してきた老人を尊敬し、長寿を祝う日とされています。

敬老の日の始まりは、兵庫県のある村からでした。

戦後の日本で戦地に子供を送った親を報いるために、敬老会が開かれたのが始まりです。

9月を選んだのは、その地域で農業が一段落する時期だからです。

 

そこから兵庫県で「としよりの日」ができ、1966年に祝日に関する法律が改正された時に「敬老の日」となりました。

敬老の日は、祖父母にプレゼントを贈る家庭が多いです。

また、一緒に食事をする、祝日を利用して旅行に行くなど、祖父母と過ごす日にする人もたくさんいます。日頃の感謝と長寿のお祝いを形や行動で表すのが、敬老の日です。
直接会えなくても、祖父母が遠方に住んでいて当日に会えないならプレゼントを送る、テレビ電話をするなど、できる範囲で気持ちを表してみてはどうでしょうか。

 

【敬老の日は日本だけ?海外ではどうなの?】


海外にも敬老の日はあります。

アメリカは9月の第二日曜日が祖父母の日で、孫がグリーティングカードや花を渡します。

アメリカの祖父母の日はあまり定着していませんが、お祝い方法は日本と似てます。

 

また、イタリアは10月2日が敬老の日で、ポーランドでは祖母の日が1月21日、祖父の日が1月22日と日にちが違います。

そして、中国では重陽節で旧暦の9月9日は家族揃ってお墓参りに行く日です。

年長者を敬い、縁起が良い高いところ(山へピクニックなど)に行きます。

 

ちなみに、お隣の韓国では老人の日がありますが、韓国は日頃から年長者を敬う文化があるので、老人の日だからといって特別に何かやる訳ではないそうです。

このように、敬老の日は世界中にあります。お祝いの仕方は日本と似ていたり似てなかったりと様々ですが、年長者を敬う気持ちは万国共通って事ですね。

 

【敬老の日に贈ると喜ばれるプレゼントは?】


あるアンケートによると、敬老の日にもらって嬉しかったもので上位にランクインされたのはお花でした。

また、もらいたいものの中にはグルメギフトや和菓子などの食べ物との声もあります。

それらを踏まえてお勧めのプレゼントはこちらです。

 

<お花とスイーツのセット>

お花も食べ物も喜ばれるなら、セットにしてプレゼントをあげるのがお勧めです。

引用:https://item.rakuten.co.jp/sanintoretatehonpo/mtys-jonama-przset-hhs/

こちらは一口の可愛いお菓子とプリザーブドフラワーがセットになっていて、和箪笥箱に入れてプレゼントできます。プリザーブドフラワーはお手入れいらずで長持ちするので、もらう側に負担なしですよね。お菓子も一口サイズで、ご高齢でも食べやすいです。

<おかずセット>

独り暮らしや祖父母だけで暮らしていると、毎日のご飯作りが負担になる場合もあります。そんな気持ちを汲んで、食事をプレゼントするのも喜ばれます。

引用:https://item.rakuten.co.jp/jyuumonjiya/nizakana-set-5-gift/

こちらのおかずは三陸の魚で、さばの味噌煮やさんま生姜煮、いわし梅煮などの詰め合わせです。常温で保存できますし、普段の家事を楽にしてくれます。

<りんどうの花>

お花好きな祖父母にプレゼントしたいのがりんどうです。季節の花ですし、紫が高貴なイメージで目上の人のプレゼントにピッタリです。

引用:https://item.rakuten.co.jp/nihonkakiryuutuu/z180901-701-001/?s-id=shop_recommend&rtg=0f2dc2f0f2283413f34100095fe075f3

こちらのりんどうは白と紫の新品種で珍しいりんどうです。お花好きな人にピッタリなプレゼントで、喜ばれるでしょう。

【敬老の日で贈りたいメッセージや手紙の内容】


敬老の日のメッセージは、日頃の感謝を伝えます。

ありがとうor 敬老の日おめでとう+いつまでも元気でいてねとの内容にすると良しです。

 

例えば、いつも実家に行くと優しく接してくれてありがとう、いつも見守ってくれてありがとうなどです。
または、敬老の日は長寿を祝う日なので「敬老の日おめでとう!」でも良しです。

 

そして、プレゼントを贈るなら「日頃の感謝を込めて、○○を贈ります。些細なものですが、良かったら使ってください。」などを文章に添え「いつまでも元気でいてください。」などの言葉で締めます。

 

また、祖父母とのエピソードで嬉しかった事や楽しかった事を文章に書くと、相手が喜びます。

「この前、一緒にゴルフをしてくれてありがとうございます。お父さんに負けた事が悔しく、暇があれば練習しています。またゴルフに行きましょう。」

「この前作ってくれた煮魚がとても美味しかったです。また作って下さい。」など、エピソードを交えた手紙にすると、オリジナルの文章が出来上がります。

【敬老の日まとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回の記事の要点やポイントをまとめますと下記のようになります!

・敬老の日は高齢者を敬い、長寿を祝う日

・海外にも高齢者を敬う日はある

・お花やグルメギフト、お菓子などが敬老の日のプレゼントに人気

・感謝、お祝いの言葉、祖父母とのエピソードをメッセージに書き、これからも元気でねと文章を締めくくる

1年に1回しかない敬老の日なので、普段は恥ずかしくて言えない感謝の気持ちを表して長寿を祝いましょう。

そして、一緒に過ごす、プレゼントを贈るなどして、特別な日にしましょうね。